トップ > 技術開発

技術開発

技術開発

技術開発・製品開発

アステック東京は、汚染水浄化や汚染土壌無害化の技術開発および製品開発を行っております。
地球の環境汚染対策へ少しでも社会貢献できればという思いで、社員一同取り組んでおります。

技術開発
技術開発
技術開発

主な取り組み

不溶化技術の更なる進化 新・重金属吸着剤の利用による経済性の追求 高度土壌洗浄技術による高濃度汚染土壌への対応 長年にわたり培われた水処理技術の多分野への応用 未利用天然資材の利活用方法の開発 他企業様・研究機関との共同研究 学会・展示会への積極的な参加 各種製品製造設備 実験室・実験設備の充実

現場品質管理

アステック東京では、土壌浄化現場において迅速分析機器を導入し、1日以内で暫定的な品質確認を行っております。

ストリッピングボルタンメトリー法

ストリッピングボルタンメトリー法

ASV法(アノードストリッピングボルタンメトリー法)を用いた分析法
・10ppbの定量が可能。
・測定可能第2種特定有害物質:
  鉛、カドミウム、ヒ素、水銀、セレン

SPADNS試薬による比色法分析

SPADNS試薬による比色法分析

SPADNS試薬に試料を混和し、溶液の吸光度を測定する方法
・測定可能第2種特定有害物質:
  フッ素

エネルギー分散型蛍光X線分析法

エネルギー分散型蛍光X線分析法

物体を構成する元素と濃度を調べる元素分析手法
・全含有量による測定
・岩石状態(試料調整を省略)の測定が可能
・測定可能第2種特定有害物質
  カドミウム、鉛、ヒ素、セレン、水銀、クロム

検知管法

検知管法

特定物質をガス化させ、薬剤に反応させて測定する方法
・測定可能第2種特定有害物質:
  ヒ素、水銀、シアン

PAGE TOP