トップ > 製品紹介 > 天然鉱物系不溶化材 シーリングソイルパウダー
製品紹介
関連情報
  • ゼオライトとは
  • シーリングソイル工法
  • ハイブリッド浄化工法

天然鉱物系不溶化材 シーリングソイルパウダー

不溶化材、シーリングソイル工法、ハイブリッド浄化工法

天然鉱物系不溶化材 シーリングソイルパウダー
天然鉱物資材を使用した不溶化資材 天然鉱物資材を利用しているため、低コスト・低負荷型 改良後も土壌特性を維持し、植物や盛土等への利用が可能 資材混合によるシンプルな施工方法可能 高濃度汚染土壌への適応が可能

シーリングソイルパウダーは、天然ゼオライト及び火山性風化粘性土等の天然資材をプレミックスした不溶化資材です。
乾燥粉体となっている為、混合し易く、地下水等による高含水土へも適用が可能です。
重金属類全般に適用可能であり、対象物質・濃度に応じて配合比率を設計・調整致します。

天然ゼオライト 粘土鉱物 ドロマイト

主な原材料 天然ゼオライト、火山性風化粘性土、ドロマイト等
添加量の目安 5~10wt%
状態 混合しやすい乾燥粉体
荷姿 1㎥フレコン
適用物質 ヒ素、鉛、六価クロム、フッ素、ホウ素、カドミウム、総水銀、セレン

天然ゼオライトについてはこちら

反応過程

シーリングソイルパウダーと土壌中の汚染物質との接触後、時間の経過に従って汚染成分が順次吸着・固定化されます。 更に長時間を経て高度に結晶化するに伴い重金属等の汚染物質を強固に固定化することが期待できます。

反応過程

シーリングソイルパウダーによる重金属の不溶化

汚染土壌

土壌に鉛などの重金属が含まれていると地下水や土壌に含まれる水分等に重金属が溶け出し移動することで、汚染が拡散する恐れがあります。

シーリングソイルパウダーを添加・混合すると…
不溶化土壌

シーリングソイルパウダーが鉛などの重金属を固定化し、汚染の拡散を防ぎます。


※SSP:シーリングソイルパウダー

不溶化施工例

必要な操作は、シーリングソイルパウダーを対象土に混合するだけです。

不溶化施工例 バッチ混合方式

バッチ混合方式による現場事例

バッチ混合施工例

汚染内容:砒素汚染土壌
対象土量:1,000m3
対象工法:不溶化工法
工期  :1 ヶ月

不溶化施工例 連続混合方式

連続混合方式による現場事例

連続混合方式施工例

汚染内容:水銀、砒素、鉛汚染土壌
対象土量:7,000m3
対象工法:不溶化工法
工期  :2 ヶ月

シーリングソイル工法

重金属汚染の拡散防止対策として

津波堆積物の有効利用法としての提案

シーリングソイルパウダーで不溶化した津波堆積物を盛土として利用できます。また、コンクリートがら等の災害廃棄物を同時に盛土として利用することが可能です。

稼働中の工場からの汚染拡散防止対策の提案

汚染源のある敷地の地盤内にシーリングソイルパウダーを混合した遮水層を設けることで、汚染の拡散を防止できます。

カタログ・資料ダウンロード

お問い合わせは、お電話・FAX・メール・問い合わせフォームでお気軽にどうぞ。
TEL:03-5631-2171 FAX:03-5631-2172 E-mail:info@astec-tokyo.co.jp

お問い合わせフォームはこちら
 
get adobe reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は左のアイコンをクリックしてソフトウェア(無料)をダウンロードし、ご利用ください。

PAGE TOP