トップ > 製品紹介 > ゼオライトスラリー ZEOS
製品紹介
関連情報
  • ゼオライトとは
  • 放射性物質汚染水の処理 凝集沈殿処理
関連製品
  • 小型水処理装置 ZEOメイト3000

ゼオライトスラリー ZEOS

除染排水処理

ゼオライトスラリー ZEOS
即効性・吸着性に優れた放射性物質吸着材 水中に分散した微粉末天然ゼオライト ハンドリングの良い液体資材
主な原材料 天然ゼオライト
pH 7
比重 1.17g/c㎥

原料となるゼオライトの特徴
■国内最高クラスの陽イオン交換能力(CEC)160~190meq/100g
■セシウム(Cs)吸着特性に優れたモルデナイト
■東北地方を産地とする良質かつ豊富なゼオライト鉱山

天然ゼオライトについてはこちら

ゼオライトスラリー反応概念図

ゼオライトスラリー反応概念図

微粉末化した天然ゼオライトは、粒状ゼオライトと比較して表面積が大きく、反応相が多い為、即効性・吸着性に優れています。

ZEOSの使用方法

【汚染水の浮遊懸濁物質(SS)濃度が低い場合】
 ゼオライトスラリーや粒状ゼオライトを使用してろ過をし、水中のセシウムイオンを除去します。

【汚染水の浮遊懸濁物質(SS)濃度が高い場合】
 ゼオライトスラリーを凝集剤(PAC・高分子凝集剤)と共に使用することで、水中のセシウムイオンを除去します。

小型水処理装置 ZEOメイト

ZEOSの性能

安定性セシウム、ストロンチウムを使用して室内実験を実施し、吸着性能の確認試験をおこないました。
 

【pHの変化による影響】
 セシウムについては、pHの変化による吸着能力は殆ど影響を受けず、高い吸着性能(濃度低減比率1/100~1/1000オーダー)を維持することが確認できました。
 ストロンチウムについては、セシウムより吸着能力は低いものの、濃度低減比率1/10を維持することが確認できました。

【試験条件】
初期溶液濃度:10mg/L
ゼオライト粒径:200μm
固液比:1:100
振とう時間:6時間

振とう後、3000rpmで5分間遠心分離し、
0.45μmメンブレンフィルターでろ過後、
ろ液中濃度を測定。

【吸着反応速度】
汚染水処理に重要な吸着速度は、同じゼオライトを使用しても粒径の細かい方が吸着速度が速いことがわかりました。
微細粒径の場合、反応時間1分で99.9%の除去率を達成しました。

【試験条件】
初期溶液濃度:20mg/L
ゼオライト粒径:800μm及び5μm
固液比:1:300
振とう時間:1分~3時間

振とう後、3000rpmで5分間遠心分離し、
0.45μmメンブレンフィルターでろ過後、
ろ液中濃度を測定。

カタログ・資料ダウンロード

サンプル提供

無料でサンプルを提供いたします。
希望される方は、電話・FAX・Eメール・問い合わせフォームより、お問い合わせください。

お問い合わせはこちら

サンプル申し込みにあたり、以下の点を必ずご確認ください。

1.サンプル製品は、放射性セシウム等を吸着固定化するものであり、無害化できるものではありませんので、地面に直接散布したりプールの水に添加するような試験にはご提供できかねますのでご了承願います。

2.サンプル製品のご使用前には、同梱する使用方法および製品安全データシートを良く読み、誤った使い方をしないようにしてください。

3.サンプル製品の使用により放射性物質を吸着した残渣が発生した場合には、原則破棄できませんので、適法に保管してください。

汚泥処理について

ゼオライトスラリーを使用することによって発生する汚泥は、放射性物質含有汚泥として扱う必要が有ります。
放射性含有汚泥の処理方法は現行法では明確に定まっておりませんが、汚泥の放射線量が100,000Bq/kg以下であれば最終処分場へ埋立処理をおこなう事が可能となります(環境省発表2011.8.31)。

しかし、現実に放射性汚泥を受け入れている最終処分場は殆ど無いため、実験などで発生した汚泥は現実的な処分方法が確立するまで保管する必要がありますので、安全に充分留意して保管してください。

関連製品 小型水処理装置 ZEOメイト

小型水処理装置 ZEOメイト

ZEOSを用いたユニット型セシウム含有水処理装置「ZEOメイト」も併せて開発しました。
軽量で移動が容易かつ低コストなため、セシウム汚染の除染現場で使用した水の処理に最適です。
小型水処理装置 ZEOメイトはこちら

お問い合わせは、お電話・FAX・メール・問い合わせフォームでお気軽にどうぞ。
TEL:03-5631-2171 FAX:03-5631-2172 E-mail:info@astec-tokyo.co.jp

お問い合わせフォームはこちら
 
get adobe reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。
お持ちでない方は左のアイコンをクリックしてソフトウェア(無料)をダウンロードし、ご利用ください。

PAGE TOP