トップ > 関連情報 > 土壌汚染対策法とは
関連情報

土壌汚染対策法とは

土壌汚染対策法は、土地の土壌汚染を見つけるための調査や、汚染が見つかったときにその汚染によって私たちの健康に悪い影響が生じないように土壌汚染のある土地の適切な管理の仕方について定めている法律です。
法律の対象となるのは、人間の活動に伴って生じた土壌汚染だけではなく、自然的原因で土壌から高い濃度で汚染物質が検出される場合も含まれます。

土壌汚染対策法の歩み

土壌汚染対策法の歩み

平成15年2月15日、土壌汚染の状況の把握に関する措置及びその汚染による人の健康被害の防止に関する措置を定めること等により、土壌汚染対策の実施を図り、もって国民の健康を保護する目的で「土壌汚染対策法」が施行されました。

その後、平成22年4月1日より一定規模以上の形質変更申請、みなし汚染地申請、汚染土壌搬出規制等が追加された「改正土壌汚染対策法」が施行されました。

土壌汚染のリスク

土壌汚染対策法では、土壌汚染による健康に悪い影響(健康リスク)を2つの場合に分けています。
これらの健康リスクを管理するために、土壌汚染対策法では、①地下水等経由の摂取リスクの観点から25物質について土壌溶出量基準、②直接摂取リスクの観点から、9物質について土壌含有量基準が設定されています。

土壌汚染のリスク

指定基準(土壌溶出量基準/土壌含有量基準)

指定基準

土壌汚染対策法の概要

目的

土壌汚染の状況の把握に関する措置及びその汚染による人の健康被害の防止に関する措置を定めること等により、土壌汚染対策の実施を図り、もって国民の健康を保護する。

制度 制度

参考資料

  • ・環境省・(財)日本環境協会『土壌汚染対策法のしくみ』

まずは土壌汚染調査から

環境省指定調査機関であるアステック東京では、豊富な経験・実績を活かした「土壌汚染調査・見積りサービス」を行っております。
お気軽にお問い合わせください。

調査・コンサルティング

土壌・地下水汚染調査の実績

お問い合わせは、お電話・FAX・メール・問い合わせフォームでお気軽にどうぞ。
TEL:03-5631-2171 FAX:03-5631-2172 E-mail:info@astec-tokyo.co.jp

お問い合わせフォームはこちら

PAGE TOP