トップ > ZEOメイトシステム

ZEOメイトシステム

福島県除染技術実証事業

※実証事業についての詳細は、福島県のホームページをご覧ください。 → 福島県ホームページ

ZEOメイトシステム
特徴1 粉体凝集剤1剤によるシンプルな水処理
特徴2 軽量・コンパクト!移動しながらの除染作業に!
特徴3 自動運転可能!作業員の省力化・被ばく量低減に!
特徴4 汚泥脱水時、使い捨てフィルターが不要!廃棄物の減容化とコスト低減!

処理フロー

処理フロー
1.汚染水の供給
汚染水を、電極式水位センサー付水中ポンプを使用し、供給します。
2.前処理反応槽・凝集反応槽
汚染水供給ポンプの動作と連動し、粉体水処理凝集剤「PAPAT」をフィーダーから汚染水へ添加します。凝集反応槽内で撹拌し、凝集反応を進めます。
3.沈殿分離槽
凝集反応槽で生成した凝集物を沈殿させ、上澄水と分離します。沈殿分離槽内の凝集・沈殿物は、返送汚泥として凝集槽へ返送されます。
4.袋式ろ過機
沈殿分離槽で除去しきれなかった微細なピンフロックを除去します。
5.濃縮スラリー槽
水処理装置の沈殿分離槽底部に溜まったスラリーを受槽します。
6.脱水ドラム
濃縮スラリー槽内のスラリーが一定量に達すると水位センサーにより検知され、脱水ドラムへスラリーを供給します。
回転ドラム内を真空吸引し脱水を行います。スラリーは脱水され、脱水ケーキとして排出されます。

ZEOメイトシステム紹介動画

ZEOメイトシステムの概要を動画でご紹介します。ぜひご覧ください。

装置組み合わせ例

小型水処理装置「ZEOメイト」と真空脱水機「らっくん」の組み合わせは、処理量や濁質に応じてお選びいただけます。
カスタマイズも承ります。ぜひお問い合わせください。

ZEOメイト1000+らっくん30 平成24年度 第2回 福島県除染技術実証事業
水処理能力 1 ㎥/hr
脱水能力 18~50L/hr(脱水ケーキ量)
脱水ケーキ含水率 50~70%
装置外寸 L1,515×W1,665×H1,700
装置質量 0.4t
使用電力 100V・0.9kw
ZEOメイト1000+らっくん30
ZEOメイト1500+らっくん50
水処理能力 1.5 ㎥/hr
脱水能力 36~100L/hr(脱水ケーキ量)
脱水ケーキ含水率 50~70%
装置外寸 L1,984×W1,768×H1,935
装置質量 1.1t
使用電力 100V・1.4kw
ZEOメイト1500+らっくん50
ZEOメイト3000+らっくん30
水処理能力 3 ㎥/hr
脱水能力 18~50L/hr(脱水ケーキ量)
脱水ケーキ含水率 50~70%
装置外寸 L2,700×W2,525×H2,500
装置質量 1.55t
使用電力 100V・1.5kw

PAGE TOP